本文へスキップ
トップ お知らせ 現地情報 活動予定・報告 裁判情報 資料・リンク ネットワークとは
裁判情報
=現在進行中・確定ほかの主な裁判(201411月現在判明分)=

最新裁判「埋め立て免許失効確認訴訟」
(2012年山口地裁に提訴)
原告:祝島漁民
被告:山口県
内容:山口県が出した公有水面埋立免許は失効していることの確認を求めた訴訟。

次回より自然権訴訟と併合審理となる。
次回公判:2015年1月21日1:30より、傍
聴可

1、「
埋立工事妨害(陸域)に対する制裁金請求の間接強制申し立て
201131日山口地裁に申し立て)
原告:中電 被告:祝島島民の会と祝島島民6名とシーカヤッカー6
内容:海岸での埋立工事を妨害した場合1936万円の支払いを求める。
2011
325日、審訊も開かず山口地裁が170万円の支払いを命じる決定を出す。広島高裁に抗告予定。

2、「
作業船の妨害禁止の仮処分
2011221日山口地裁に申請)
原告:中電 被告:祝島島民たち
内容:埋立工事区域へ向かう作業船の航行妨害を禁じる仮処分
2011
41日、
中電が仮処分申請を取り下げる。理由は原発事故を受け住民への説明を優先するため。

3、「
海岸の使用・通行妨害禁止の仮処分
2010929日山口地裁岩国支部へ申し立て)
原告:祝島島民の会と祝島島民6名とシーカヤッカー6名 被告:中電
内容:田ノ浦海岸の使用や通行の妨害行動を想定した仮処分
2011
221日、山口地裁が申請を却下する。広島高裁に抗告中。

4、「
埋立工事妨害禁止の仮処分(陸域)
2010730日山口地裁へ申し立て)
原告:中電 被告:祝島島民の会と祝島島民6名とシーカヤッカー6
内容:海岸での田ノ浦の埋め立て阻止行動を想定した仮処分
審訊:929日(第1回審訊)、1018日までに書面提出を受け決定を下す予定。
2011
221日、山口地裁が申請を全面的に認める決定を下す。それに対し3月に異議申し立て。
2011
1213日、異議申し立てに対する第3回審尋で裁判官が中電に仮処分申請の撤回を提案したが
中電は取り下げないと回答。
2012
72日、
和解が成立し、中電が仮処分申請を取り下げた
和解条項は、住民側は中電の仮桟橋補修や生物調査などを妨害しない、中電は20人以上の作業員を
立ち入らせ、5日間以上の作業をする際は住民側に事前通知するなど。期間は当面の1031日まで。

5、「
埋立工事妨害(海域)制裁金請求の間接強制申し立て
201022日山口地裁岩国支部へ申し立て)
原告:中電 被告:上関原発を建てさせない祝島島民の会と会員39
内容:埋立工事を妨害した場合、1936771円の支払いを求める
審訊:225日(第1回審訊)、331日中電の主張を認める決定(損害金は500万円に減額)。49日広島高裁に抗告。広島高裁での第1回審訊(68日)。6月に高裁で抗告棄却。最高裁に特別抗告したが、20101122日に棄却され、
1500万円の制裁金が確定。

6、「4800万損害賠償請求訴訟(準備工事妨害行為者に対する)
20091215日山口地裁岩国支部へ提訴)
原告:中電 被告:祝島島民2名とシーカヤッカー2
内容:田ノ浦での115日より1111日までの工事停止による損害4792万円の支払いを請求
状況:
これは典型的なSLAPP訴訟(大企業や権力による市民・住民運動への口封じのための訴訟)であると指摘されている。
公判:2010225日(第1回)、513日(第2回)、624日(進行協議)、722日(第3回)、99日(第4回)
次回は2015127日、山口地裁、傍聴可

7、「
埋め立て工事妨害禁止の仮処分(海域)
2009109日山口地裁岩国支部へ申し立て)
原告:中電 被告:祝島島民38名とシーカヤッカー1
内容:田ノ浦の埋め立て阻止行動を想定した仮処分
審訊:3
判決:2010118日岩国支部が仮処分を認める決定。島民側は21日に異議申し立て。331日異議を却下。49日広島高裁に抗告。915日抗告棄却され、最高裁へ特別抗告。20101119日に主張の一部を除き抗告の許可が出される。201294日、
最高裁が抗告棄却を決定。岩国支部の決定が確定

8、
「自然権訴訟」
原告:長島の自然を守る会、祝島島民の会、祝島島民個人、全国の個人原告、スナメリ・カンムリウミスズメ他野生動物生物
被告:山口県
内容:山口県が中電に対して行った公有水面埋め立て事業の免許取り消し請求。
状況:野生動物については原告適格がないとされ棄却、その他は継続して審議中。200910月の中国電力による工事区域を示す灯浮標の設置をもって「着工」とするのは誤りであり、中国電力への埋め立て免許は失効しているという請求を原告が20101214日に追加。
公判:第12009810日〜。次回は2015121日、13時30分より山口地裁、傍聴可。

9、「埋立て免許取り消し訴訟」(20081020日山口地裁に提訴)
原告:祝島の漁業者74人 被告:山口県
内容: 20081022日山口県知事が田ノ浦の埋め立てを許可したことに対する取り消し請求。
原告側は、埋め立て免許は権利者への補償が前提であり、祝島の漁業者が上関原発建設にかかる漁業補償金(約108千万円)を受け取っていない段階で免許を許可した山口県の行為は違法であると主張。山口県は原告ら祝島の漁業者には原告適格がないと主張。
公判:次回20152月4日、10時30分より山口地裁、傍聴可。

10、「林春彦宮司さんの偽造辞任届け事件」(山口地裁岩国支部に提訴)
原告:林眞木雄さん(晴彦さんの弟さん) 被告:山口県神社庁
内容:四代八幡山宮司の林春彦さんの宮司退任届けを偽造されたことは名誉毀損であると提訴。
公判:広島高裁は、3回目の公判日である2010425日に公判継続を認めず結審を宣言。92日控訴棄却される。
上告するも20112月、
上告棄却される

 11、「
四代八幡山(神社名義地)裁判」(2005年山口地裁岩国支部へ提訴)
所有権移転登記の抹消登記手続き等訴訟請求、入会権確認請求訴訟
原告:四代共有地者 竹弘盛三さん 被告:中電と提訴に同調しない住民
内容:「神社地」と呼ばれる共有地を中電に売却したことに、@入会権の確認、A中電の登記抹消、B現状変更工事の禁止を求める。
公判:2009625日広島高裁判決。入会権の確認部分は取り消して、山口地裁に差し戻し、その他は棄却。200977日に最高裁に上告、中電は79日入会権確認で上告。2010915日、最高裁は双方の上告を受理せず、所有権移転登記抹消と工事禁止の訴えを棄却した高裁判決が確定。入会権確認については岩国支部に審理を差し戻した。

(差し戻し審)は、20121031日に結審。
20121226日山口地裁で、請求棄却の判決。
201310月31日、広島高裁で控訴審第1回公判、即日結審。

2013年12月12日、広島高裁で控訴棄却の判決。同24日、最高裁へ上告受理申し立てを行う。
2014年11月、原告の竹広盛三さんが死去。



 【次回公判日程】
自然権訴訟
2015年1月21日
13:30、山口地裁

4800万損害賠償裁判
2015年1月27日
14:00、山口地裁